漁海況インデックス<一覧画面>

ページ:
80 件を 10 件ずつ表示しています
漁海況インデックスの一覧表
発行日 熊野灘周辺の概況 中型まき網 大型定置網 操作
2018/10/12 10月9〜10日の調査船による観測では、熊野灘の表層水温は25℃前後で平年より1℃前後高め、100mでは16〜17℃前後、200mでは10〜12℃前後で、平年並〜1℃前後低めであった。熊野灘の広範囲で、南西へ約1ノットの流れが観測された。 マイワシ298t、ゴマサバ91t、マサバ35t、ウルメイワシ3.4t、タチウオ0.3t 大型定置網(片田・錦・九鬼)は休漁中 詳細
2018/10/5 気温の低下に伴い、表層では鉛直混合が進み、表面水温は広範囲で低下している。熊野灘北部〜遠州灘沿岸の表面水温は24〜25℃台で、概ね平年並となっている。熊野灘南部沿岸には26℃前後の暖水が分布し、平年並〜やや高めとなっている。 ウルメイワシ65t、ゴマサバ45t、ワラサ42t、マサバ40t、マアジ21t 大型定置網(片田・錦・九鬼)は休漁中 詳細
2018/9/28 熊野灘北部沿岸や内湾では気温の低下に伴って降温し、表面水温25℃台が拡大している。熊野灘中南部の表層水温は26℃前後で、平年より1℃程度高めとなっている。熊野灘沿岸では、表層の降温により、鉛直混合が徐々に進んでいる。 ワラサ160t、ゴマサバ40t、ツバス21t、マサバ16t、マアジ8.3t 大型定置網(片田・錦・九鬼)は休漁中 詳細
2018/9/21 9月18〜19日の調査船による観測では、熊野灘の表面水温は26〜27℃前後で、平年並〜1℃高め。50mでは23〜26℃前後、100mでは17〜19℃前後で、平年より3〜5℃前後も高め。200mでは11〜14℃前後で、平年より1〜2℃高め。 マイワシ260t、ゴマサバ148t、マサバ32t、ウルメイワシ17t、マアジ8.3t 大型定置網(片田・錦・九鬼)は休漁中 詳細
2018/9/14 伊豆諸島北部から27℃台の黒潮内側反流が遠州灘へ流入し、暖水の一部が熊野灘を南下している。熊野灘沿岸の表面水温は25〜27℃で、北中部で平年並、南部沿岸では平年よりやや低めとなっている。潮岬沿岸では低水温傾向となっている。 マイワシ347t、ツバス86t、ゴマサバ49t、マサバ46t、マアジ28t 大型定置網(片田・錦・九鬼)は休漁中 詳細
2018/9/7 台風21号の通過に伴って、紀伊半島周辺では混合が進み、表面水温は低下した。伊豆諸島北部から27℃以上の黒潮系暖水が反流状に遠州灘へ流入し、一部が熊野灘に達している。熊野灘の表面水温は26〜27℃前後で、ほぼ平年並となっている。 マイワシ177t、ゴマサバ141t、マアジ91t、マサバ56t、ウルメイワシ6.3t 大型定置網(片田・錦・九鬼)は休漁中 詳細
2018/8/31 伊豆諸島北部から28℃台の黒潮系暖水が反流状に遠州灘へ流入し、一部が熊野灘に達している。熊野灘には表面水温27〜28℃前後の黒潮系暖水が分布し、平年より1℃前後高めとなっている。潮岬沿岸には26℃台の沿岸水が分布している。 マイワシ484t、ゴマサバ57t、ツバス15t、ウルメイワシ3.5t、マサバ2.5t 大型定置網(片田・錦・九鬼)は休漁中 詳細
2018/8/24 潮岬沖の黒潮北縁から紀伊半島西岸へ27℃以上の暖水が強く流入し、紀伊水道外域で反時計回りの渦を形成している。伊豆諸島北部から28℃以上の黒潮内側反流が遠州灘へ流入し、暖水の一部は熊野灘沖に達しているとみられる。 マイワシ298t、ウルメイワシ16t、マサバ13t、ゴマサバ11t、マアジ0.7t 大型定置網(片田・錦・九鬼)は休漁中 詳細
2018/8/17 熊野灘中部〜南部は表面水温29℃前後の暖水に広く覆われ、平年より1℃前後高めとなっている。志摩半島東岸には、27℃台の沿岸水が分布している。潮岬沖の黒潮北縁を擾乱が通過したとみられ、熊野灘には南から黒潮系暖水が流入している。 マイワシ213t、ゴマサバ64t、マサバ8.0t、マアジ0.5t、スルメイカ0.4t 大型定置網(片田・錦・九鬼)は休漁中 詳細
2018/8/10 熊野灘南部は表面水温28℃台の黒潮系暖水に広く覆われ、平年より1℃以上高め。志摩半島沿岸〜遠州灘沿岸には27℃台の沿岸水が分布している。熊野灘には黒潮系暖水が流入しやすい状態が続き、今後も高水温傾向で推移すると考えられる。 マイワシ812t、ゴマサバ188t、マサバ30t、ウルメイワシ14t、マアジ12t 大型定置網(片田・錦・九鬼)は休漁中 詳細
 
ページ:

 


人工衛星海況速報 | FAX版海況速報 | 中期海況予報 | 長期漁海況予報 | 2017年4月以前の漁海況 | 魚種紹介 | 三重県水産研究所