漁海況インデックス<一覧画面>

過去の「漁海況のページ」を閲覧いただけます。
「詳細」をクリックすると、全文が開きます。

[ カードを検索する ]  

ページ:
247 件を 30 件ずつ表示しています
漁海況インデックスの一覧表
発行日 熊野灘周辺の概況 中型まき網 大型定置網 操作
2022/1/21 黒潮が熊野灘沿岸に接近しているが、その影響は南から弱まりつつある。阿田和定置漁場では水温が18℃台へとやや低下し、北向きの流れが弱まった。浮魚礁#2,4は北東に振られ、#4の水温は20℃前後を変動。志摩半島の東に顕著な潮境がある。 マサバ66t、マアジ13t、ゴマサバ2.3t、ウルメイワシ0.9t、オアカムロ0.1t サバ類2.7t、スルメイカ2.6t、ヨコワ1.2t、サバフグ0.8t、マアジ0.8t 詳細
2022/1/14 黒潮が熊野灘沿岸にかなり接近している。片田・早田・阿田和の定置ブイでは水温18℃前後を観測。浮魚礁#4は北東に振られ、水温は20℃台。熊野灘沿岸の潮位偏差は約+10pで、表面水温は平年より1℃以上高く、顕著な高水温だった昨年並。 マアジ38t、マサバ13t、ゴマサバ4.2t、ハチビキ0.6t、マルソウダ0.2t マルソウダ7.3t、サバフグ2.8t、ヒラソウダ2.0t、ムロアジ類1.8t、スマ1.3t 詳細
2022/1/7 黒潮の蛇行北上部が西偏して潮岬に接岸している。1月2日の夜以降、浮魚礁#2,4のデータ通信が途絶した。これは、黒潮の接近に伴う速い流れによって浮魚礁が沈下したためと思われる。片田・早田・阿田和の定置ブイは17℃台の水温を観測している。 ゴマサバ20t、マアジ13t、マサバ7.3t、メダイ4.9t、ハチビキ0.8t スルメイカ7.9t、ヤガラ類4.6t、マルソウダ2.7t、マアジ2.3t、メアジ2.0t 詳細
2021/12/24 黒潮の蛇行北上部は大王埼からやや離れたが、今後、熊野灘南沖の西偏部が潮岬に接近すると予測される。熊野灘の表面水温は顕著な高水温だった昨年より1℃以上低いが、平年より1℃ほど高い。浮魚礁#4は振れ回っており、水温は19℃前後へと低下した。 マアジ4.2t、マルソウダ3.9t、ゴマサバ1.4t、ワラサ0.9t、メアジ0.2t ムロアジ類3.0t、カンパチ1.7t、ヒラソウダ1.6t、サバフグ1.5t、マルソウダ0.7t 詳細
2021/12/17 黒潮が熊野灘に接近し、浮魚礁#2,4ともに北寄りに振られ、#4の水温は21℃前後を観測。熊野灘の表面水温は平年より1.5℃ほど高いが、顕著な高水温だった昨年よりは1.5℃ほど低い。早田定置ブイは20℃台半ばを観測。伊勢湾口沖に顕著な潮境がある。 マアジ52t、マサバ25t、ゴマサバ13t、マルソウダ7.5t、マルアジ6.5t サバフグ10t、イサキ2.5t、メアジ1.8t、カンパチ1.4t、ムロアジ類1.1t 詳細
2021/12/10 黒潮の蛇行北上部が熊野灘に接近し、暖水の影響が強まっている。浮魚礁#2は北東に、#4は北寄りに吹かれて水温は21℃台。早田定置ブイの水温も21℃前後に上昇し、北向きの流れを観測している。今後、 黒潮は熊野灘沿岸へさらに接近する見込み。 マサバ21t、ゴマサバ14t、ウルメイワシ9.4t、マアジ9.3t、メアジ4.0t サバフグ6.7t、カンパチ2.7t、アカヤガラ1.4t、イサキ0.8t、ワラサ0.4t 詳細
2021/12/3 熊野灘に黒潮の蛇行北上部の接近による影響が出始めている。浮魚礁#2,4は、ともに西寄りに振られ、#4の水温は21℃近くへとやや上昇した。早田定置ブイの水温は20℃前後まで低下していたが、不安定ながらも21℃近くの水温が観測されている。 マサバ19t、マサバ37t、ゴマサバ18t、ウルメイワシ10t、マアジ6.1t、マダイ0.9t サバフグ2.6t、カンパチ2.1t、メアジ0.5t、アカヤガラ0.5t、ワラサ0.2t 詳細
2021/11/26 黒潮は、紀伊半島沖の離岸規模が拡大し、蛇行部の北上流が西偏して西縁が137°Eに近づいている。熊野灘の表面水温は過去5年平均並で、顕著な高水温だった昨年より2℃前後低い。浮魚礁#2,4は南西に振られ、#4では21℃台の水温を観測している。 マサバ19t、マアジ15t、ワラサ2.8t、ゴマサバ2.6t、マルアジ0.4t カンパチ2.0t、ムロアジ類1.9t、メアジ1.2t、ウスバハギ0.5t、サバフグ0.3t 詳細
2021/11/19 熊野灘への黒潮系水の影響が強まりつつある様子。熊野灘浮魚礁#2,4は、ともに南西に振られ、 #4の水温は下げ止まって約22℃で推移している。 ウルメイワシ61t、マサバ60t、マアジ12t、ゴマサバ9.8t、キハダ1.6t メアジ0.9t、カンパチ0.8t、マアジ0.5t、ワラサ0.4t、ウスバハギ0.3t 詳細
2021/11/12 熊野灘への黒潮系水の影響が強まりつつある様子。熊野灘浮魚礁#2,4は、ともに南西に振られ、 #4の水温は下げ止まって約22℃で推移している。 ウルメイワシ37t、マサバ34t、ゴマサバ17t、キハダ6.3t、マアジ2.3t マルソウダ0.7t、カンパチ0.3t、メアジ0.2t、ヘダイ0.2t、イナダ0.2t 詳細
2021/11/5 熊野灘〜遠州灘の表面水温はやや下がったが、平年より1℃ほど高く、昨年並。熊野灘浮魚礁#2は西に、#4は南西に振られ、 #4の水温は23℃台で推移している。伊勢湾からの沿岸水が南下し、志摩半島の沿岸を流れている。 ウルメイワシ115t、マサバ111t、ゴマサバ58t、マアジ7.6t、キハダ2.8t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/10/29 現在、熊野灘への黒潮系水の波及は強くないが、今後、蛇行北上部が西偏して暖水が波及しやすい形になる可能性がある。熊野灘浮魚礁#4は南西寄りに振られ、水温は約24℃とやや下がった。三重県沿岸の潮位偏差がやや上昇し、+10cm前後で推移。 ウルメイワシ25t、ゴマサバ19t、マサバ13t、ワラサ8.2t、マアジ6.2t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/10/22 御前埼沖の黒潮北上部のS字が解消したため、熊野灘沖を南下する暖水の勢いが弱まった様子。熊野灘浮魚礁#2,4は北西に振られ、#4の水温は約26℃から25℃前後へと低下した。気温が下がったことにより、熊野灘の内湾の表面水温も2℃近く低下した。 ゴマサバ22t、ウルメイワシ15t、マサバ6.3t、マアジ3.8t、カツオ3.3t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/10/15 黒潮からの暖水の波及が続いている影響もあり、熊野灘沿岸の潮位は10 cm 前後高くなっている。また、熊野灘の表面水温は平年より2℃も高く、昨年よりやや高い。熊野灘浮魚礁#2は西に振られ、#4は西南西に振られて25℃台の水温を観測している。 ウルメイワシ120t、ゴマサバ58t、ワラサ33t、マサバ26t、マアジ3.6t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/10/8 10月5〜6日実施の調査船による熊野灘観測結果によると、熊野灘海域は水深40m前後までよく混合した水温26℃前後の黒潮系暖水に覆われている。このため、沖合の表面水温は平年よりも2〜3℃高くなっている。暖水は、速いところでは1kt前後で南下している。 マサバ147t、ゴマサバ48t、ウルメイワシ39t、ワラサ3.2t、キハダ1.9t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/10/1 引き続き黒潮の内側反流が熊野灘に波及して南下している。この影響により、熊野灘の表面水温は平年より約1℃高く、昨年並となっている。熊野灘浮魚礁#2,4は、ともに西南西に振られ、#4では26℃台の水温を観測している。 ゴマサバ20t、ウルメイワシ8.0t、キハダ3.9t、マアジ0.8t、クロシビカマス0.5t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/9/24 黒潮蛇行北上部の西偏が強まって浜名湖沖に達しており、内側反流も発生している。このため熊野灘沖合では暖水が南下しており、表面水温は平年より約1℃高く、昨年並。 マサバ140t、ウルメイワシ59t、ゴマサバ44t、マアジ15t、カツオ6.4t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/9/17 熊野灘の沖合では、黒潮内側反流の南下が継続している。黒潮の蛇行北上部の形から内側反流の波及はしばらく続く見込みで、今後、暖水の勢いがさらに強まる可能性もある。浮魚礁#2,4は西寄りに振られ、#4の水温は約27℃を観測している。 マサバ140t、ウルメイワシ59t、ゴマサバ44t、マアジ15t、カツオ6.4t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/9/10 熊野灘の沖合では、御前埼沖からの黒潮系水の南下が続いている。気温が上がらない日が続いたことで、沿岸を中心に表面水温が下がっている。御前埼沖の黒潮蛇行北上部の西偏・北上傾向が強まっており、内側反流が発生しやすい海況になりつつある。 マサバ43t、ゴマサバ43t、ウルメイワシ32t、キハダ24t、サバフグ0.4t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/9/3 熊野灘の沖合では黒潮系水の南下が続いている。黒潮蛇行北上部のS字が強まってきているため、今後、熊野灘への暖水の影響がさらに強まる可能性がある。浮魚礁#2は南西に、#4は西寄りに振られ、#4では約28℃の水温を観測している。 キハダ75t、ワラサ23t、マイワシ1.4t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/8/27 熊野灘の表面水温は平年より約1℃低く、昨年より約2℃低い。水温は気温の上昇に伴って回復に向かうと予測される。熊野灘沖合には黒潮からの暖水が南へと流れているが、北部では伊勢湾から流出した水が表面に分布している。 マサバ36t、キハダ11t、ゴマサバ0.7t、シイラ0.5t、ウスバハギ0.3t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/8/20 沿岸湧昇により、熊野灘南部の沿岸を中心に水温が低い状態が続いている。また、降雨の影響や気温が上がらないこともあって熊野灘の表面水温は平年よりやや低く、昨年より2℃以上低い。浮魚礁#4の水温は26℃台で推移している。 カツオ20t、キハダ15t、シイラ0.6t、00t、総計35t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/8/13 駿河湾沖の黒潮屈曲部からの暖水が熊野灘に波及している。気温が上がらないこともあり、熊野灘の表面水温は昨年よりやや低く、平年並。浮魚礁#4は西南西に振られ、水温は27℃前後で変動。片田定置ブイは、表面から10mまでおおむね26℃台を観測。 キハダ44t、マサバ22t、メバチ19t、ヒラソウダ0.8t、ゴマサバ0.2t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/8/6 駿河湾沖の黒潮屈曲部から波及した暖水が熊野灘を南下しており、潮位も高い状態が続いている。気温が高い影響で内湾の表面水温は30℃を超えており、外海よりも高い。熊野灘浮魚礁#2,4はともに南西寄りに振られ、#4では28℃弱の水温を観測。 キハダ199t、マサバ37t、カツオ18t、ゴマサバ16t、メバチ1.0t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/7/30 御前埼沖の黒潮屈曲部からの暖水が熊野灘に波及している。片田定置ブイでは水温がやや上昇し、水深10mでも26℃台を観測。熊野灘浮魚礁#2,4は西寄りに振られ、#4の水温はおおむね27℃台半ばで推移している。 キハダ30t、マサバ11t、カツオ9.0t、ゴマサバ1.7t、メバチ0.6t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/7/21 熊野灘沖合の表面には駿河湾沖からの黒潮系暖水が波及し、南下している。強い日射の影響で、日中の表面水温が28℃台まで上がっている海域もある。熊野灘浮魚礁#4は南西に振られ、水深3mでの水温は26℃台で変動しながら上昇傾向にある。 マサバ455t、ゴマサバ35t、ウルメイワシ14t、マアジ8.3t、マルソウダ1.1t 大型定置(片田・錦・九鬼)は休漁中。 詳細
2021/7/16 黒潮蛇行北上部からの暖水が熊野灘に波及している。熊野灘浮魚礁#2,4ともに南西に振られ、#4では25℃台の水温を観測。早田定置ブイの1m水温は25℃台で推移している。 マサバ530t、カツオ120t、マアジ24t、キハダ14t、ゴマサバ10t ツバス1.4t、サバ類0.4t、イワシ類0.1t 詳細
2021/7/9 石廊埼沖の黒潮からの暖水が、熊野灘沿岸を南下している。表面水温は、遠州灘では平年及び昨年よりやや高く、熊野灘は平年並で昨年よりやや高い。熊野灘浮魚礁#2は西南西に、#4は南西に振られ、水温はともに24℃台で推移している。 マサバ58t、カツオ9.2t、マアジ3.8t、ゴマサバ1.7t、キハダ0.8t サバ類1.7t、マアジ1.3t、ツバス0.9t、マダイ0.1t 詳細
2021/7/2 遠州灘の表面水温は平年よりやや高く、熊野灘は平年並となっている。御前埼沖の黒潮からの暖水が熊野灘沿岸を南下しているが、表面には沿岸水が分布している。熊野灘浮魚礁#2,4ともに南西に振られて24℃台の水温を観測している。 マサバ148t、キハダ67t、マアジ43t、ゴマサバ17t、ツバス8.4t サバ類25t、イワシ類2.3t、マアジ2.2t、ツバス1.5t、イサキ0.9t 詳細
2021/6/25 駿河湾沖の黒潮から反流となった暖水が、熊野灘の沿岸を南下している。気象庁によると、この暖水波及はしばらく続く見込み。片田定置ブイの水温は、全層で23.5℃前後とやや高め。早田定置ブイの水深10m水温は、おおむね23℃台で推移している。 マサバ200t、ツバス46t、マイワシ20t、ゴマサバ19t、ウルメイワシ13t サバ類32t、イワシ類2.9t、イサキ1.5t、マルソウダ1.4t、マアジ0.6t 詳細
 
ページ:

 


漁海況のページトップ | 三重県水産研究所 | 三重県 | 戻る